あたらしい秋!🍁    秋期新入生募集中!!

失敗しない英会話教室の選び方(つづき)

前回では、選んではいけない英会話教室についてお話ししました。

今回は、

じゃあ、いったいどんな教室を選べばいいの?

という疑問にお答えします。

ズバリ、それは・・・

地域に根ざした個人経営の英会話教室です

なぜなら・・・

ちゃんと生徒さん一人一人を見ている先生=経営者 だから。

いい先生というのは、生徒さんの成長がとってもうれしいものなんです。いい先生に出会ったことのある人ならご自身の経験から心当たりがおありだと思いますが、ちゃんと先生の愛情を感じるし、先生が一生懸命に、夢中で教えてくれているって分かります。

そういうときに先生が頭の中で考えているのは、

この人のこの部分を伸ばせば、これができるようになる

この人にはこの部分に心理的抵抗があるから、この角度でアプローチすれば、うまく克服できるはず

この子の性格なら、この方法を取り入れてみよう

この子は集中力があるから、記憶に残すようにこういうアドバイスをしよう

ということです。

ほんとうに、たくさんのことを考えながら、心を砕いています。決して、金太郎飴型の授業をしているのではないのです。

だから、進歩するのです。

決める前に確認するべきこと! それは・・・講師の実力。 英語が話せない講師に習っても、できるようにはなりませんよね。でも、大手だと、先生の学歴すら知らないで習い始めることがほとんど。個人経営の英会話教室なら、ほとんどの場合、ホームページに講師のプロフィールが公開されていますよね。それを見れば、講師の実力は一目瞭然です。そして、できることなら、二言語以上習得している講師に教えてもらうのが理想的です。なぜ・・・?英語だけできる人よりも、自身も第二言語を学んでいる講師のほうが、学習者の言語習得のプロセスを細かく理解することができるからです。

おわかりいただけましたでしょうか?みなさまの英語習得の旅が、楽しく実りあるものになることを心から祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

おしえるひと

TOEIC930点
熊本大学文学部哲学科卒業
英会話・英語・数学などの講師経験豊富
アメリカでJETROの依頼にて翻訳業
アメリカ合衆国第七裁判所(シカゴ)にて裁判通訳
日本語教育能力検定合格日本語教師
スペイン語通訳
Amazonにて電子書籍を数点発行「橘と百合」「二つの月」「蜂の針」

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる